copepodaのブログ

観劇、スカステ、DVDなどの感想をつづる。

月組:エリザベート

千秋楽も終わっていて、今更感はあるが観劇したので一応記しておく。


言わずと知れた「エリザベート」。そしてトップ娘役の退団となった今回もチケット難だったと聞く。
平日A席が友の会で当たったため、観劇。偶然ながら、瀬奈じゅんさんの観劇と同じ回であったが、2階席なので特に関係はなかった。


全体的な感想としては、あ、エリザベートだね。


再演回数の割に観劇回数は少ないとは思うが、いかんせん、聴きすぎ、映像見過ぎで、よく言えば安心感、悪く言えば今更感が強く、印象に残るシーンがないのが正直なところ。
破綻もなければ驚きもなく、組が若いなというエネルギーはあるけれど、トータルでバラバラというか、みながそれぞれ自分の思うところの「エリザベート」をやっていて、調和が感じられなかったのが残念。それは今回の方針?


●たまトート
プロレスラー。黄泉の帝王なのに生命力に満ち溢れすぎぃぃ。
帝劇のトートも大概なので許容範囲内ではあるが、どうせ溢れてるならバッディのビジュアルで短髪トートにしてほしかった。
あと赤いスカーフみたいの巻いてるお衣装、2階席から見ると学ランの下にパーカー着てる高校生みたいで、普通にかわいかったぜ。


●ちゃぴシシィ。
生命力に満ち溢れ、気の強さが前面に出てて死の気配はねぇな。
少女時代のお衣装(特にお見合いの席の水色のドレス)や三色旗、「私が踊るとき」のドレスはさすがの着こなしだったが、鏡の間のドレスがいまいち似合っていないように感じた。小顔過ぎて髪が浮いているというか…。
「エリザベート」において鏡の間での圧倒的な美貌は、不可欠な要素ではなかったのか?
少なくともこの作品のこの場面では、お衣装の責任者なりが付いて全身のバランスをきっちりととるべきではないかと思う。とっていてあれなら、もう何も言うな。


●美弥フランツ
ハプスブルグって顎が特徴的だから、史実には近いのかも。
あんな色気駄々洩れフランツなら、マダム呼ばなくてもより取り見取りであろう。


●月城ルキーニ
かわいい。


●暁ルドルフ
なんか元気に転がってた。


●海乃嬢
シシィとガチンコ。本気の争いは外でやってくれ。


とりあえず「エリザベート」を、なぞってはいた。でも作品として昇華しているとは言えない気がした。
今の月組はエネルギーがあって、がむしゃらに前に進んでいくべき組だと思うので、
それを押しつぶすような作品を、今あえて行う必要があったのだろうか。。
「抑える」という技術が演劇において重要であることは、どんな素人であっても理解できる。
しかし、組として発展途上の時期に、個性を発揮して固めていく時期に、ある程度テンプレートに押し込まなければならないような作品はふさわしいのだろうか?


タカラジェンヌにとってあこがれの作品であること、放っておいても集客が見込めるドル箱であること、長らくトップ娘役を務めてきたちゃぴの退団には何らかの拍付けが必要であったこと、など、事情は分かる。
でも、今の月組でやるなら、たまきちは長期だろうから、もう少し円熟期に観たかったでござる。


以上。



宙組:天は赤い河のほとり/シトラスの風②

やたらと名前付きのキャラを出してるくせに、出てきて終わり。
みなさん舞台の袖で何して時間潰してるの?


現代からいきなりタイムスリップしてきた中学生。
ホームシックにならないの?
1年間帰れなくて受験気にならない?
他人の部屋に侵入して物あさって恥ずかしくない?
年上に対して「~だよぉ」って、言葉使い。どんな教育受けてんだ。親を出せ親を。
で、「私はイシュタル」って、お前何様やねん?
こんな阿呆の中学生にいきなり押される残虐な黒太子ってなんだったの。
せっかくの愛ちゃんをこんなことに使わないでくれよ。
こんなことに、といえばもんちも。咳だけで終わりかい。
カケルさん、息子殺された原因を前に感動してんじゃないよ。
国と国の戦争のクライマックスで、「ユーリ」は渡さない!って、
どっから急にそこまで飛躍すんだよ。
ヒッタイトもエジプトも大国ですよね。そんな小娘一人のための戦いに
いつの間に変わったねん。
そういや語り部がいたけど、そいつ話に全然関わってなくね?
金色の砂漠のパクリ?でもあっちは主要キャラだったよ。がっつり話に関わってたよ。


両皇太后の過去のロマンスいただきました。素敵な話だね。
で、っていう。
きっと原作を読んで一番好きなエピソードだったんだろうね。
でも「るろ剣」の巴登場以上にいらんわ。
もうちょっと主人公たちの関係性深めた方がいいんじゃない?
それか、ここを重点的に描きこみたいたいなら、このエピソード使って
改変すればすればいいんじゃない?
あと皇太后がそこまで皇帝恨んでるのがよくわからない。
セリフで説明していたのかもしれないけど、入ってこない。
しかも皇帝めっちゃいいやつっぽいんですけど。


今回初の自分で当てたSS席で、チチヤスをロックオンできる最高の席だった。
が、寝そうになった。
1列目のおばちゃんは完全に寝てた。
演奏、前回の月の時も思ったけど、特にトランペット下手になったね。
しかも今回は下手なだけじゃくて、間違えてた。


もうね、幕が下りるとき、演者の顔を直視できなかったよ。
可哀そうすぎて。
せっかくのチチヤス、ずんちゃん、そら君絶景スポットだったのに。


こんな駄作でも観客は入るんでしょう。宝塚だから。
あとちょっと思ったのは、漫画原作だからある程度ビジュアル作りこんどけば
許されるって思ってないか、全体的に。。。
残念ながら、王家の時のほうがビジュアルよかったよ。
何が原因かわからないが、このようなレベルの作品が続かないことを祈る。


つづく


宙組:天は赤い河のほとり/シトラスの風①

観客なめてんのか、と。


脚本、演出、お衣装、演技、演奏、すべてダメ。ていうか、下手。


他にも多くの人が今回の脚本には少々物申している。
実際、小柳先生にしてはやっちまったな、という感想しか出てこない。


長編少女漫画を95分間にまとめる。難しい作業であることは容易にわかる。
しかも宝塚には明確な順番があるので、特に原作の作品で
「このキャラは〇〇に」「これは××に」とは自由にはできないこともわかる。
だからって、この人は番手上だから主要キャラ当てときゃいいんでしょ的に
とりあえず色んなキャラ出しときました、というのは如何なものか。


原作は未読だが、篠原千絵の作品の癖や「王家の紋章」もオマージュであるということから、大体の話の流れはわかる。


端的に言うと、お子様みたいな女がやたら長身の美形にモテモテで、
バックグラウンドが小難しい雰囲気。
そして、主人公カップルがロリコンな見た目。
男がやたら長くて細めで、女がやたら童顔でって、まゆたんか篠原千絵かってくらい
の特徴だが、それでも話の構成やどんでん返し、グロはグロで描きこめる
非常に魅力的な漫画家の一人。


きっと原作知っていれば、ダイジェストのダイジェストをさらに圧縮した今回の脚本も
楽しめたのかもね。
でもそれって舞台化する必要なくないか?
だったら安い値段で原作レンタルした方がいいし。


原作漫画のあらすじのあらすじのあらすじを見せたいの?
盛大なコスプレ大会見せたいの?
演劇作品を見せたいの?


また、デザインはいいのかもしれないけど、主演である真風王子と
弟のザナンザの衣装が安っぽい。
布が悪い。なんか高校の学芸会で、裁縫得意な子が作ったって感じ。


ここまで出来が悪い脚本だとビジュアルしか拠り所ないのに、見た目も微妙とか
本当になめてんのか。


邪馬台国とか見てないので一概には言えないが、グスタフを超える駄作に
こんなに早く出会えるとは思ってなかった。


つづく